2018年03月12日

常夏のフィリピンでキンキンのビール San Miguel, Masarap beer sa Pilipinas

常夏のフィリピンにはキンキンに冷えたビールが待っています。日本食レストランで食事をすることが多かったので、ビールを注文するとキンキンに冷えたサンミゲル San Miguelが登場します。

瓶ビールで、瓶が凍っていました。
San Miguel.jpg
🍺▷San Miguel
サンミゲル San Miguelとは、聖ミカエル Michael 天使に遣える男性。
フィリピンのビール会社。

フィリピンは、東南アジアで唯一のキリスト教国で、公用語はフィリピン語と英語。フィリピン語はタガロゴ語(首都マニラがあるルソン島南部の言語)を基に造られた国語。

国の正式名称は、現地タガログ語ではRepublika ng Pilipinas(レプブリカ ナン ピリピーナス)、英語では、Republic of the Philippines(リパブリック オヴ ザ フィリピーンズ)、フィリピン共和国。略称は、Pilipinas(フィリピン語)、the Philippines(英語)、フィリピン、比律賓。

常夏なので、いつ行っても日本の夏と同じ様な暑い気温。月の平均気温は年間を通して25~30℃。でも慣れると、ちゃんと季節はあります。

3月〜5月が酷暑期(一番暑い時期)、6月〜10月が雨期、11月〜2月が乾期。そして7月~9月は台風の季節です。台風は、天気予報でフィリピン沖で発生した低気圧が…と言うニュースを聞くと思いますが、頻繁に発生します。
Phillipine map.jpg
クーラーも冷え冷えに効いている所が多いので、行かれる人は、長袖の羽織るものがあると良いです。外は半袖で良いのですが、ホテルの部屋、レストラン、スーパーマーケット、コンビニ、車の中は、クーラー全開です。

ホテルの部屋は、温度調節も出来ますが、他では、なかなか温度調節が出来ないので、夏風邪をひき易いです。寝る時に部屋を冷やし過ぎてしまって体調を崩す人が多いので、温度調節して寝ましょう。

フィリピン好きな人、忘れられない人におすすめのフィリピンのビール。

瓶ビール(楽天) ▷瓶ビール(Amazon)

缶ビール(Amazon) ▷缶ビール(楽天)
原材料:麦芽、ホップ、米、ピルスナー、アルコール度5%

暑いフィリピンの夜は、危険もいっぱい、ハメを外さない様に楽しみましょう。

ビールが飲みたい
I beer nais na uminom
ビールを飲みに行きましょう
Tayo'y pumunta sa uminom ng beer at ako magkasama

➜格安航空券はこちらから
➜フィリピン観光はこちらから


posted by ビールで乾杯 at 07:10| Comment(0) | 世界のビール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください